田宮の日記

二十三歳へ

自分の抱えている闇の部分 モヤモヤとしていて汚くて惨めで 決して誰にも共感されなくて 誰にも見せられないそんな心を 見捨てずに馬鹿にしたりも 変に励ますわけでもなく 優しく明るい光で照らしてくれた そんな歌詞に胸を打たれた。 二十歳より

自分のお風呂の入り方が間違っていただなんて…正しい入浴法を実践してみたら身体のほかほか感がまったく違う。これは驚き。ただ長く浸かれば良いってもんじゃないんだな。大好きなお風呂がもっと大好きになった。夕食にスーパーで買ったまん丸のピザをもぐも…

ぬおん

雨がどっさりと降るこの感じ、まさしく春だ。にしても、どっさりし過ぎてて昼食は食堂で食べるべきだったな〜と濡れた靴下の冷たさに浸りながら、後悔しても仕方がないことを思っている。ぬおん。 動物は人間の言葉を持たないが、鳴き声で言葉以上の感情を伝…

でっかい牛乳

ZARAの服を着こなす職場のダンディーおじさんと最近仲が良くて、色々お話をしている。いつもお昼ご飯や夕飯は何を食べてるのか気にかけてくれるのだけど、わたしが頑なに「おにぎりです」と毎度答えるもんだから、顔を顰め、変顔をされる。 不健康になると結…

如月感想文

良いことも悪いことも全部忘れたくないな、そんな月だったように思えます。こんばんは、今宵(27日)は満月ですね。満月の日は様々なことが揺らぎやすいそうです。最近、タロットカードやオラクルカードを好きになってからそうした天空の状況が及ぼす影響につ…

気高い猫のように

自分は自分の個性を自分の意思に基づいて大切にしたり、行動に移したり、自分なりのプロセスでそうしたことをしているのに、上部だけを切り取って真似をされてしまうとなんだか力が抜けてしまう。ただ他人に影響を受けただけの人と一緒にしないでくれと切実…

桃のくちびる

お昼休みの残り10分、こうして日記を書く時間に充てれているのすごく気分が良いです。昨日からやはり日常を記録することは続けたいという気持ちがむくむくと湧いてきています。Instagramは結局続けることにした。やっぱりInstagramはわたしの個性を発揮でき…

謎な二人

恋人とお付き合いをはじめて1年が経った。一年前のわたしに向かって何か言うとしたならば、丁度良いペースって大事よと言っておきたい。進むのも立ち止まって考えるのもどちらも大事だからこそ、その真ん中をいけると良いですね。今のわたしもなかなかに苦戦…

春風スニーカー

ふらりと外へ出たら「あ、春きた」と思った。春の風は柔らかくて、薄い毛布に包み込まれているようで、心が勝手にルンとなる。水星逆行も終わったからかな。ハイジの歌でも歌いたくなってしまう気候だ。昨日は結局、外へ出たのが夕方からだったから日中の穏…

会いに行け

布団の上でうーとなりながら、自分と向き合っている日曜日。外は明るくてほかほかとしているように見えるし、実際、天気予報によると21°Cであったかいのである。瞼が重たい。まだ夜ではないけれど、昨日薬局で買ったレモンの香りのする入浴剤を早速湯船に投…

小さな丸い好日

2/3 朝目が覚めて、きょうはやけに寒いなと思ったら冷房がついていた。どうやら、枕元にリモコンを置いていたら寝返りの際に頭でスイッチを押してしまっていたようである。やれやれ。のそのそと起き出し、暖房へと切り替える。朝ごはんはとびきり豪勢にしよ…

睦月感想文

曜日の終わりが月末だから慌てずにゆっくりと1ヶ月に対する感想を書くことができるなあという考えが浮かび、折角だから毎月の恒例習慣にしようと思っている。コーヒーでも飲みながらリラックスして読み進めていっていただきたい。 スケジュール帳を開くと、…

はじめての一人暮らし🗽1ヶ月記念日

平日の暮らし さて、ということでね、あっという間の1ヶ月だったわけです。わあ〜はやいはやい。年末年始のどたばたに無理矢理引っ越しをしたわりにはうまく生きられているのではないかしら。大体の流れを掴んできたのでまずは平日のルーティンを書いていこ…

限りなく祈りに近い

考えていることや触れた言葉がどんどん嵌まっていく感覚があって、それを今回は文章にしていこう。 暗い人間 わたしは通常の人間よりも暗い人間だなと自分に対してしみじみと思う。というか、テンションが低めに設定されている。「テンションがあがる瞬間を…

はじめての一人暮らし🪐21日目

近頃の話 気づいたら20日目を過ぎていた。この暮らしにもようやく慣れてきたと思わず歌いたくなる精神状態になってきた。まだ冷蔵庫は買えていないけれど、そこそこの自炊を頑張っている。今年からは家計簿だけでなく、貯金簿もしっかりつけてみようと思い、…

湯船にて思う

一月がもう半分も終わった。早すぎるじゃないかと何かに対して声高々と訴えたくなる焦燥感にもう襲われている。2021年、開始早々乗り遅れてしまっている気がしてならない。一体何に?と問われたら、はて?となるが、兎に角置いてけぼりにされてしまったよう…

はじめての一人暮らし🌥9日目

きょうのご飯 きょうは仕事初め。出社をしたら、皆口を揃えて「あけおめ、ことよろ」の挨拶をしていた。ロッカー前でリーダーに遭遇し、「机の上にあるお菓子持ってて名前チェックして」と言われ目を向けるとMITSUKOSHIの紙袋がずらりと並んでいた。なんだか…

はじめての一人暮らし☁️8日目

はじめに 年末にドタバタと引っ越しをして気づけば8日が経つ。はじめての一人暮らし、何もかもわからず、何がわからないのかもわからず、手探りな日々である。そんな中、はじめての一人暮らしを始める人やはじめようか迷っている人にヒットするような文章が…

綿菓子から濃厚ブラウニーへ

あっという間に年を越え、新年がスタートした。振り返っている暇も意気込む暇もなかった。年末に引っ越しをするとこういうことになるのだ肝に銘じておこう。自立を目的とした引っ越しをしたばかりなのに、実家に帰省するのもなんだか気が引け、だからといっ…

6等星の唄

日記を書こうと思う気持ちと時間の有無が合致する時、気持ちが良いし言葉がほろほろ角砂糖が崩れるように溢れてくる。続けることにはやっぱり必ず意味があって、テーマを絞らず、つらつらと書くという我儘から生まれる言葉に自分でもはっとさせられ、勝手に…

前夜

23(水) モンパチの"冬の思い出"良い曲。帰宅後、自分でもちょっと弾いてみた。わたしの大切な人、全員に聴かせたくなった。ここ最近の私はまさしく忙しく、心労(しんどー)だった。良い音楽に出会う瞬間が一番心労から解放される気がする。12月の頭、父と衝突…

暮らし

19(土) はじめての内見。第二候補のお家。駅近・防犯カメラあり・バストイレ別・2階・エアコンあり・駐車場あり・南向きでぽかぽかだ。悪い点が見当たらず、家賃も激安なため、人気のお部屋だということもあり、その日のうちに申し込んでしまった。第一候補…

緊急自信速報、いいな!

今週も一週間お疲れ様でしたと自分に言ってみる。金曜日ということもあり、家計簿を〆、現状を正確に把握し、心に余裕ができ、ちょっと落ち着いてきた。今週はなんだか状況も気分も表面上は落ち着いているけれど、根底は常に落ち着かなくて、何をしても・何…

逃亡日記

8日から9日にかけて 実家を出ることになった。きっかけは大したことではない。長年の蓄積だと思う。父はわたしのいる生活に耐えきれないらしい。8日の夜はあまりにも意味のわからない理由、怒りたいからあえて捻くり出したような事柄で責められ、部屋のドア…

同居する余韻

部屋にカメムシが居るから今夜はきっと安心して眠れないことは確定していて、軽く絶望している。軽く絶望するということはよくある。軽く絶望とは"その一瞬さえ乗り越えられることができればいつの間にか忘れていること"である。だから、今日私がカメムシと…

好日

3(木) 仕事終わりにノンちゃんに会った。待ち合わせ場所へ行くと髪が艶々で可愛かった。ちょっと会わないと客観的な目線になって、ノンちゃんはやっぱり今まで出会ってきた人の中でいちばん可愛いよなーって思う。出張中の先輩のお家で3週間お留守番をすると…

ぼーっとするのも悪くない

2(水) ぼーっとしてると、日付を跨いでしまうな。いま、いちばん欲しいものについて今日は考えていた。いちばん欲しいものとは保温性のある水筒である。入れたお湯が出勤時から退勤まで冷めないようなもの。試しに今使っている水筒に初めて熱湯を注いで持っ…

地球電話に繋げてよ

マルちゃん正麺、いつの間にやら辛い味が出てて最高だな。朝はそれをガツンと食べて出勤した。冬に対してのストレスからか肌荒れや眠気が止まらない。そういう時はとことん甘えてしまうのが良いだろう。でも、自己肯定感は上げておきたいから、お昼はちゃん…

思わせぶりな金曜日

30(月) 1ヶ月が過ぎるのが早い。決意したばかりのはずの物事がそのままで、また新たに決意を固めなくてはと思っている。月末月曜日ってなんだか呪いみたいだ。不思議と一週間がとても長く感じる。なんだこの思わせぶりな金曜日感は…と、ついぼやきたくなって…

19号線

29(日) 送料が2,000円かかるのならその2,000円を浮かせる為に日帰りで長野(往復約11時間)に行かない?という無茶な誘いに乗った。 恋人との旅はいつも時間がなかったり、お金がなかったり、お店が閉まっていたり…と切羽詰まっているが、その分どんなストーリ…